事務職に転職したいと思った人が、みんな思い通りに転職できてしまうのであれば、何も苦労はしません。
転職したくてもできない人もいるのです。

あるいは、できるだけ条件のいい企業に転職したいと思っても、それが叶わない人も多々いるでしょう。
事務職に転職するためには、可能な限り条件のいい企業に採用してもらうためには、やはり応募書類と面接、これらの対策が欠かせません。

採用してもらうための応募書類の書き方

まずは、応募書類の書き方から。
事務職経験者の場合には、その実績を書類の中にできるだけ詰め込みましょう。

経験がある人が採用で有利になるのは当然のこと。
どのような仕事ができるのかを具体的に記載しておいてください。

お茶汲みしかできない人と、書類の扱いに慣れ、お金の管理まで出来る人とでは雲泥の差です。
パソコンがどれだけ扱えるのか、できれば前職で使用していたソフトなども具体的に記載しておくと、かなりのアピールとなるでしょう。

未経験の場合も、職務経歴書にこれまでの経歴をしっかりと書いておかなければいけません。
ただ、未経験の場合には、さらに履歴書の志望動機欄、ここの埋め方もポイントになってきます。
なぜ未経験なのに応募してきたのか、それが伝わるかどうかが重要。

事務職に興味を持ったことはもちろんですが、その業種や企業そのものにも興味を持ったことをアピールするのが、正しい志望動機の書き方です。
未経験の場合だと、どうしても「事務職」にフォーカスして志望動機を書きがち。
それだけでは弱いことを覚えておきましょう。

人事担当者も、応募の動機が業種や企業にあった方が嬉しく感じます。
そうした志望動機の書き方になるように作成していくことがコツとなります。

採用してもらうための面接対策

面接対策ですが、これは事務職経験者であろうが未経験者であろうが、雰囲気をよくしておくことが最も求められること。
つまり、第一印象を良くしておこうということです。

事務職は電話対応や接客対応もあり、常に社内にいるため、社員とのコミュニケーションも非常に多くなる職種。
雰囲気が良くない人を雇おうと考える企業はまずありません。

スキルも重要ですが、それ以上に表情と喋り方に気を遣い、人柄とコミュニケーション能力をアピールできるように面接対策をしておくべきでしょう。
「自分は仕事ができる」というアピールはほどほどにしておいてください。

人事担当者がどのような質問をしてくるのか、また、それにどう回答すればいいのか、こればかりを考えると自信過剰なアピールになりがちになってしまいます。
自己紹介や転職理由、過去の職歴や志望動機など、最低限の質問に対する答えを用意しておき、何よりも全ての質問に愛想よく答えられるようにしておくこと。
事務職に転職するときの面接対策は、このような意識で進めていきましょう。